<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

半袖始動

昨日の大阪は気温が30度近くまで上がってとても暑い一日でした。

まだ湿気が少なくてカラッとしているので、ここぞとばかりに洗濯をしまくり
布団を干し、冬物の布団・布団カバーをしまって夏用のシーツ・タオルケット
をひっぱりだしました。
夫は数日前に扇風機を引っ張り出して活躍させております。まだ4月なのに・・・。

今日も暑いのでそろそろ外に出る時も半袖を着て行こうと思います。
大阪は春が2週間くらいしかなくて一気に夏になってしまいましたね。
夏本番が思いやられます。
[PR]
by arinosu-tanken | 2012-04-29 12:56 | life | Comments(0)

衣替え

ここ2週間で一気に暑くなりました。
最高気温が20度越えると暑いなぁと感じてしまう私はやっぱり道民であります。

コートやセーター、冬用のフワフワ絨毯を洗濯して夏用のサラサラ系衣料と
ラグを引っ張りだしました。テーブルの下に敷いているラグがボロボロに
なってきたので、正方形のジョイント式畳でも導入しようかと検討している
ところです。

これからどんどん気温が上がっていくんだろうなぁ・・・。
梅雨が始まる前にクッションカバー、布団カバーの交換もしないとなぁ。
1年中平均気温が20度前後だといいのに。
[PR]
by arinosu-tanken | 2012-04-22 11:12 | life | Comments(0)

平和ですねぇ

今週に入って近所の桜が満開になったので
仕事から帰る時、いつもと違う道を通って色んな場所の桜を見ながら
帰宅しております。一昨日の桜が一番綺麗だったかなぁ。

先週の土曜日は祖父の49日にあたるもの(神道は50日祭というそうです。)
があり私も行ってきました。父が勝手に私が来ないものと考えていたようで
危うくお昼の仕出しにありつけないかと思われましたが、叔母がきちんと
手配してくれていたため特に支障なく参加できました。

葬儀の時と違って、祖母宅近くの神社に儀式をお願いしたのですが
神主さんが微妙すぎてちょっと・・・。
昨年もともとの神主さんだったお父様が亡くなられ息子さんがその後を
引き継いだらしいのですが、明らかについ最近までリーマンしてました系の
雰囲気が出ていて声が小さい、覇気が無い、進行たどたどしいでグダグダでした。
歳は34歳って聞いて、「34歳の割には老けてるよねぇ。」って思わず漏らして
しまうほど微妙な方でしたねぇ。
葬儀の時のイケメン神主さんとは偉い違いでした。イケメン神主さんも30代
だと思いますが、やっぱり経験の差が出てしまうのでしょうねぇ。

祖母は相変わらず少しずつ弱っていっておりますが、私には10日に一度顔を見せる
事位しかできないので何とも言えない状態です。
いっそのこと北海道に行ってくれたらいいのになぁとは思うのですが本人には言えない
ですしねぇ。兄弟も友人もいない土地に歳をとってから行くのはしんどいでしょうし。
どうしたものか・・・。
[PR]
by arinosu-tanken | 2012-04-12 19:15 | life | Comments(0)

草間彌生を観に

おとといはお休みだったので、4月8日まで国立国際美術館で開催されている
草間彌生さんの作品展示を観に行ってきました。

今週末で終了ということもあってか、平日の昼間なのにものすごく混んでおりました。
客層も若い人が多くてびっくり(平日の美術館はたいていお年寄りが多い)しました。

今回の作品展は美術館にあ珍しく写真を撮ってもOKなポイントが3ヶ所もあり
皆さん熱心に写メを撮っていらっしゃいました。私は結局一枚も撮っておりません。
ので写メは無しです・・・。

どうして写メを撮らなかったかというと、正直好きなタイプの作品ではなかったからです。
何個かの部屋にそれぞれテーマごとに作品が飾られているのですが、最初の部屋に
入った時に、『あっ、これダメだ、たしかにすごいけ気持ち悪い。無理。』って思ってしまった
のですよ。最初の部屋は白黒の作品でとにかく細かく細胞みたいなのとか人の顔とかが
描かれた絵が多数展示してあって圧巻でしたが、作風が気持ち悪い。

正直、ジミー大西とかたいぞう(芸人としては全く売れてない人)の絵が苦手な私には
草間彌生も苦手な部類に入っていたようで、作品を観てそのことを認識したのでした。
長居してもしかたがないなぁということで作品をざっと観て30分で出てきました。
草間彌生グッズのショップは長蛇の列でしたが、う~んそんなに買うものあるか?
っていうのが私の感想。インテリアがPOPな人はマッチするでしょうけど、一般の家には
置いても浮くだけの代物が多数ありました。

凄く評価されている人なのでしょうけど、私からしたら『障害持ったおばあさんが描いた絵』
としかとらえられなくてなんだか残念な気分になりました。
好きな人は好きなんでしょうけどねぇ・・・。
[PR]
by arinosu-tanken | 2012-04-06 06:40 | art | Comments(0)