<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『サラメシ』が帰ってくる~♪

ここ最近で一番好きな番組だったので嬉しいです。
『グレーテルのかまど』もそれなりに面白いのですが
お菓子メインの番組なのでちょっと・・・。
やっぱりがっつりランチの『サラメシ』の方が断然面白いですね。
中井貴一さんのナレーションも良いです。
これを土曜日の夜中に観るっていうのが何ともいえない感覚。

孤独のグルメも終わってしまったし、4月から何を見たらいいんだろう???
って思っていましたが、まだ楽しみが続いてくれて嬉しいです。


追記:サラメシの放送時間帯が一期と変わっていて
    月曜日の夜に放送しているようですね。
    連ドラ予約でリアルタイムで観てないので勘違いしてました。
    危ない危ない。
[PR]
by arinosu-tanken | 2012-03-31 16:06 | life | Comments(2)

キシキシ

今月は労働時間がいつもの月より20時間位多いため疲れがかなり
たまっております。体がキシキシいっている・・・。
今日はこれから洗濯して掃除機かけてトイレ掃除して9時には寝ます。
9時間は寝られるな。睡眠が一番の幸せってどうなんだ自分!!

ZIGG-ZAGG聴きながら家事を楽しくこなしますわよ。

[PR]
by arinosu-tanken | 2012-03-19 19:36 | life | Comments(0)

明日は

超長時間労働だから(店長だったころ以来のw)今日は早く寝ようと思って
いたのに、何だか神経が高ぶっていて全然寝られそうにない。
13時間も拘束されるのなんて何年ぶりかしら。
しかも夜は一人足りない状態で営業しないといけないので今から
頭の中でシュミレーションしてグルグルしております。
まぁやってやれないことはないんですけどねぇ。
昔1人でキッチンをやりきった事もあったしなぁ・・・。個人店かよw

さてこれから明日の夕飯のカレーでも作りますかね。
[PR]
by arinosu-tanken | 2012-03-14 22:55 | work | Comments(0)

その後・・・

祖父が亡くなってから2週間が経とうとしております。

私は特に変わったことはないですが、祖母は寂しい生活を送っております。

祖母はリュウマチを10年程前から患っており、手も足も痛くて思うように
動かせません。歳を取れば誰だって若いころの様に動くことは困難になります
が、リュウマチになるとそれ以上に動けなくなります。手足の痛みと変形に
よる硬直、家の中では杖を使いエレベーターを駆使してなんとか移動でき
ますが、お散歩や買い物といった外出行為は全くできません。

一人残った祖母をどうするかという話合いが29日にありました。
父母、父の妹、祖母の妹2人、私の6人が集まりました。

私は前々から父母に「おじいちゃんかおばあちゃん、どちらか一人になったら
一緒に住んで様子を見るよ。」と話していたのですが、父の妹から猛反対され
その話も無くなり、かといって、うちの両親が今すぐ大阪に来ることができる
のかといわれれば、それも無理。父の妹が一緒に住むわけもなく、しばらく
祖母は一人で生活することになりました。
金銭管理は父の妹に任せ、ペルパーさんが買い物に必要な分だけとりあえす
残してある状態です。
そこそこ広い一軒家に体の自由がきかない状態で一人で住むのは私だったら
怖くて嫌だなぁと思うのですが、祖母は北海道には行きたくない。とはっきり
言っているので連れて行くのは無理です。実家、バリヤフリーじゃないけど
凄くいいところなんだけどなぁ・・・。友人も知り合いも姉妹もいないのが嫌だそう
です。あと豪雪地帯で寒いのも嫌とのこと。あんた新潟出身ですがな!!

ちなみにどうして私が住むのを反対されたかというと、結婚しているので
相手のご両親は良く思わないから。だそうです。

うちの両親は定年までもう少しあるので介護休暇を取ってこちらに来るのは
OKなのですが、移り住むとなると北海道に家があるし、家の隣には母の
母がこれまた一人で暮らしております。祖母は元気で一人で介護も受けず
ある意味気力だけ「人の世話にはなれない。」で生活しているので、その気力が
いつまでもつかわからないですし、父は大阪を捨てた人wなので北海道から
離れる気は無いと思うんですよねぇ・・・。
実際私も食べていけるなら関西なんかからはさっさと抜け出して実家の周辺に
戻りたいですもの、それくらい羊蹄山麓、ニセコ方面の自然環境は素晴らしい。
近年、北海道で唯一地価が上がっていた場所ですしねぇ。小樽でもいいんだけど
小樽は平地が無いのでそこが無理です・・・。自転車乗り泣かせよねぇ。

父の妹はお嫁さんに行った人だし、長男の嫁です。家も堺市の方にあるので
祖母と一緒に暮らすことはできません。

祖母の妹2人もそれぞれ家庭がありますからこれまた一緒に暮らすのは無理です。

かと言って施設に入れてとかも父の妹の反対でできません。
「家があるんやから。」だそうです。一人で管理できない家に住み続けるのってどうなの?


とりあえず祖父の50日祭(49日にあたるもの)まで一人でどこまでできるか様子をみて
ダメだったらまた対策を考えるということで話し合いはまとまりました。
[PR]
by arinosu-tanken | 2012-03-07 07:19 | life | Comments(0)

人の死とはあっけないもの3

26日7時過ぎ
斎場の職員の方が来る。父と今日の打ち合わせ。

8時半位
ぞくぞくと人が集まってくる。
夫の父母も電車で1時間半かけてやってくる。7時に家を出たんだろうなぁ。
遠いところありがとうございます。

9時前
親族一同で記念撮影をする。
北海道では当たり前だと思っていたけど、こっちはでは葬儀の時の
集合写真は撮らないらしい。都会だから???

9時過ぎ
おじいちゃんの顔をデジカメで撮る。
撮影中、祭主様(神道)が「おはようございます。」ってきて気まずい雰囲気。

9時半
告別式開始。

10時
告別式終了。
火葬場では顔を見られないので最後のお別れをする。
祭壇にあった花の9割を棺桶に入れる。ここでも写真を沢山撮る。
おばあちゃんが落ち着いたら写真を見せてあげよう。

10時半
火葬場に向かって出発。

11時前
大阪市営の北斎場到着。
大阪のど真ん中にこんな立派な斎場+火葬場があるんですねぇ。
設備が近代的で興味があったらから写真を撮ろうとしたら
撮影禁止で係の人から注意を受ける・・・。

11時
火葬開始。
右隣は70代位のおばあさん、左隣は40代位の男性。
40代男性の方の親族の方は皆さん泣いておられました。
そりゃそうよねぇ・・・。こっちはおばあちゃん以外サバサバ。
斎場に戻る。

11時半
斎場到着。
昼食。今日の昼食は一人3700円の料理だけあって美味しかった。
昨日のオードブルは酷過ぎだろうw

12時半
骨を拾いに火葬場へ出発。
夫に「これがキツイ。」と言われる。

13時
骨が出てくる。
全然キツクないんだけど・・・。むしろわくわく。
火葬場職員の人が骨の部位を詳細に説明してくれる。
凄く丁寧で勉強になりました。悲しいとかは全然感じず。
喉仏がマジで胡坐をかいている仏そのもので感動。
興味深々で骨を見る。腰の骨も足の骨も凄く太くてしっかりしていました。
だから89歳まで自転車乗って外出出来たんだろうなぁ。

13時半
斎場に戻って初七日にあたる十日祭を行う。

14時
全て終了。

15時
おばあちゃんとその妹たちは車で帰宅。
両親、父の妹夫妻はタクシーで大量の荷物とともに帰宅。
私夫、妹、弟、いとこは手ぶらで電車で帰宅。
帰りにライフに寄ってお菓子やジュースを買いこむ。

15時半
祖母宅到着。

私はおばあちゃんの横でお昼寝。
他のメンバーはアルバムを見て談笑。

18時
夜ご飯。

20時
祖母の家を後にする。

21時前
自宅到着。




その他色々。

祭主様(神主さん)が若い方(30代?)でイケメンだった。
俳優でいうと福士誠治くん系。門真神社に参拝に行かれる方は是非w

おじいちゃんは昔の年賀状や手紙を保管していて
私達が1,2,3歳頃の写真が付いた年賀状を保管しておりました。
実家にも無いから超貴重品です。
父と母の結婚披露宴の冊子も持っていて、妹と弟は読んで突っ込みを
入れていたけど、ああいうのっておもしろおかしく書くのが当たり前なので
私の「まぁこんなもんじゃない?」という冷静な反応にがっかりしていた。



おじいちゃんに(正しくはおばあちゃんに作ったついで)食べてもらったもの。
覚えている範囲で。

去年の秋(9月、10月)
秋刀魚2回出す。

11月(大阪マラソン付近)
父は大阪マラソン、母と私は妹の住む金沢にプチ旅行。
金沢から帰ってきてすき焼き。
この時、父母、父の妹夫妻、私で祖父が無くなった時にどうするかを話し合う。

12月
実家からユリ根が大量に送られてきたので茶碗蒸し。

関電が節電節電ってCMでうるさいから、都市ガスのファンヒーターを購入。
暖房をガンガンつける。12月のガス代は二万円を超えていた。高っ!!

今年1月
弟が来ているというので551の豚まんを買って訪問。
弟は朝から深夜まで遊びまわっていて会えず。
2日後にもう一度訪問。お好み焼き。弟19時に帰宅。会える。

おじいちゃん確定申告の書類を書いていた。

2月14日(生きている祖父に私が最後に会った日)
塩ラーメン少し。お味噌汁用のお椀に入れて。

おじいちゃん確定申告の書類を記入間違いないか確認していた。
夫が飲み会で遅くなるのでそのままおばあちゃんの部屋に泊まる。
朝早く家に買える。15日の朝はおじいちゃんと顔を合わせず。

私は月に1度位しか祖父母宅に行けてないのでこんなことしか
貢献できてませんが、孫の中では一番貢献しています。
よって後悔は全くなし!!

以上。
[PR]
by arinosu-tanken | 2012-03-02 19:56 | 自己紹介 | Comments(0)