アスリート主夫お父ちゃん。

10月にhimiiriiの子供が産まれて、祖母の介護をしていた母が金沢に召喚され
祖母の介護をするために父が北海道から大阪に召喚され1ケ月半位が経った
今日この頃。
11月末に母が大阪に戻って来て、父が北海道に戻るまで2週間位夫婦一緒の
時間が過ごせています。なかなか二人そろわないので貴重貴重。
4月から数カ月交代体制で北海道⇔大阪行った来たりで二人共大変だと思う。


去年までは二人共現役(父母は同い年)で稼いでいたので、お金に関してそんなに
シビアでなかったのですが、今年になって二人とも定年退職し、一応年金暮らし?
なのか?父と母のお金に対するシビアさが明確に別れてきたのでちょっと心配。


父は毎日スーパーのチラシ(ネットで確認)を見て、今日はライフは○○が安い
オアシスは○○が安い、イズミヤは○○が安い。といった情報を紙にメモる。
でそのメモを見ながら各店に出向き、その安い商品だけを購入してくる。
他の商品にはあまり見向きをしない。どうしても必要なものはその日一番
安く価格設定しているであろう店舗にてその都度購入。
あと、最近のスーパーってレシートと+レシートと同じ紙に印刷されたクーポン券を
発券していたりするので、そのクーポンの中で自分が欲しいと思ったものがあれば
クーポンの有効な日にきちんと出向いて特定の商品を購入しております。

一方の母は毎日じゃないけど一応スーパーのチラシ(こちらもネットで確認)を
見て、今日はこれを作ろう、明日はこれを作ろう!!と献立をある程度考えて
から買い物に行きます。でちらしに載っているもの以外でもバンバン買います。
値引きされているものが大好物なので、それ今本当にいるの?っていうもの
でも買ってしまっている場合あり。これは現役で働いている時の方が酷かったので
(買い物依存症に近い。お金を使う事でストレス発散していたんだろうなぁ。)
今はかなりましになったと言える。
発行されたクーポンを使用している形跡はあまり見られず。
あれとこれを買うといったメモもしている様子無し。結構アバウト。

母曰く「よっちゃんは主婦より主夫だ。中々そこまできっちりしている人いないよ。」と。
私「節約大好き(もしくは迫られている)な人はできるだろうけど、なかなか
徹底的にするのは難しいよねぇ。」
母「もっとわまりを広く見て買い物したらいいのに。」
父「なんでいらんもの買わんといかんのや。必要なものだけ買うたらええやろ。」
私(心の中で)『お父ちゃんって頭の中までストイックなアスリートだよねー。』



父は昔から私に会うたびに体重を聞いてくる。これは私が家族の中で一番体脂肪率
が高いから仕方のない事だと思っているし、昔から答えているので抵抗も無い。
先日、父が祖母の家から近い市のスポーツ施設に週3日通い始めた話をしはじめた。
「久しぶりに体脂肪率測ったら9.9%やったわ。凄いやろ。」と自慢してきた。
世間では凄く痩せていて体脂肪率10%以下という方は結構いらっしゃると思う。
お父ちゃんの凄いところは還暦過ぎていて、身長177cm、体重69kgで体脂肪率
10%以下なところなのだ。
お風呂上がりにパンツ一丁でフラフラしているけど、それを格好悪いとか気持ち悪い
とか思った事は一度も無い。10代の多感な時期でもそんな感情は一切無かった。
逆に私とhimiiriが20代になってから「お父さんって本当に凄いよねぇ。世の中であそこ
まで体鍛えて維持できている50代の人中々いないよ。」って感心してたくらい。

学生の時はラグビー。社会人になってからは付き合いでテニス。職場のソフトボール
チームに入って朝練。たまに試合。職場の人と駅伝参加。自分の趣味でロードレース。
ツールド北海道のコースが地元に近い時は参加。道東とかだと不参加。
地元の山が山開きになる日に登山(なんか記念品もらえるんだよねぇ。)
私達が小学生の頃は短い距離のマラソン大会に一緒に参加。冬になると50km位走る
クロスカントリースキーの大会に毎年参加。短い距離の大会だと一緒に参加させられ
ました。
あと地元にスキー場が沢山あってオーストラリアから沢山観光客が来るので、
ボランティアでガイド(迷った人にコースの案内をする)をする代わりに1日券を
いただいて毎週の様に無料で(ガソリン代は自分持ち、ウエアはガイド専用の物を
支給される。)スキーしに行ってました。
お昼ご飯はスキー場だと高いから、朝一で行ってお昼すぎには帰宅してましたけどねぇ。
50代を過ぎてから本格的にフルマラソンに参戦。自転車もそんなに有名じゃない
地元近くで開催されるレースにはたまに参加。
近頃は近年登山に目覚めた母同様、たまに登山。
だから今はマラソンメイン。トレーニングを兼ねた自転車。登山。冬スキーって感じ。
そんだけやってたら体脂肪率も10%以下になりますわなぁ。





だから私は父の事を心の中でこう呼んでいる『アスリート主夫おとうちゃん』と。
[PR]
by arinosu-tanken | 2013-12-03 16:50 | life | Comments(0)
<< サカナクションは東京のバンドだ... クリスマスカードを書く時期。 >>