逃げる2月去る3月を思い出す。

気づけばもう2月も後半・・・。仕事の拘束時間が最近長くて
帰ってきたらご飯をすぐに食べてゴロゴロしてしまう時間が
多くてそのまま寝るという生活が続いております。

ちなみに家事は朝と休みの日にまとめてしております。

先日金沢に1泊2日で行って参りました。
今回は21世紀美術館に行くのと白身のお寿司が食べられて
日ごろお世話になっている方々に大量のお土産を買っていければ
OKと考えていたので短い滞在時間でも全てクリアすることができました。

プラス、一昨年の11月に訪れたビストロ系のお店にも再訪でき
とても有意義な時間が過ごせたのですが、今回は1枚も写真を撮って
いない事に気が付きました。
ここ最近通常の生活でも写真という名の写メを撮る機会が減っており
写真を撮ろうという意識がすっかり欠落しております。
カメラ機能を起動する動作自体が面倒なんだよなぁ・・・。

気づいた事はブログに書くようにしているので写真がなくてもその時の
文章を読むとなんとなく情景が思い出されるのでそれで十分かなぁと。

今回気づいたこと

◆金沢の街中の樹木(観光客の目に付きやすい場所&立派なお屋敷)
 にはどんなに小さくても雪吊りが施してある。
 金沢にすんでいる人にはあたり前の光景かもしれませんが
 他の地域から来た人が見ると感動する光景です。美しい。

◆雪が降っていると思って靴をどうするか迷っていたのですが
 今年は降雪量が少なかったそうでスニーカーでも全く問題ありませんでした。
 というか雪が無かった・・・。帰る日は降っていましたがすぐに融ける事でしょう。

◆21世紀美術館は若者がいっぱい!!
 これが一番衝撃的だったかなぁ。
 大阪の美術館に行ったら40代以上が8割を占めているので
 21世紀美術館の40代以下が8割を占める光景に驚愕しました。
 展示内容がわかりやすい絵画とか有名な絵画とかじゃないから
 年寄りは近寄りがたいのかもw
 今回のス・ドホさんの展示もぶっ飛んでいて面白かった。
 ポジャギを彷彿させる色使いや素材使いで韓国出身の人なんだなぁ
 って説明を読まなくてもしっかり伝わりました。

◆小松駅の目の前にはKOMATSUの杜が在る。
 行きの列車ではKOMATSUの杜側に座っていなかったので
 気が付かなかったのですが、帰りの列車は琵琶湖を見たくて
 琵琶湖側に座ったのでKOMATSUの杜を見る事ができました。
 KOMATSUの杜はKOMATSUのPR施設と思っているのですが
 その認識であっているのかなぁ?凄く立派な施設なので
 一度見学に行ってみたいなぁと思ったのでした。

◆はちまんさんの色使いを変えたらもっとお土産として売れるはず。
 赤メインもいいけど蛍光色とかにしたらもっと若い人も買ってくれる
 と思うよ。個人的には蛍光紫蛍光緑蛍光黄色のはちまんさんが欲しいです。
[PR]
by arinosu-tanken | 2013-02-21 12:56 | life | Comments(0)
<< あらためて思い知った五感の大切さ。 誕生日プレゼントって難しくない... >>