その後・・・

祖父が亡くなってから2週間が経とうとしております。

私は特に変わったことはないですが、祖母は寂しい生活を送っております。

祖母はリュウマチを10年程前から患っており、手も足も痛くて思うように
動かせません。歳を取れば誰だって若いころの様に動くことは困難になります
が、リュウマチになるとそれ以上に動けなくなります。手足の痛みと変形に
よる硬直、家の中では杖を使いエレベーターを駆使してなんとか移動でき
ますが、お散歩や買い物といった外出行為は全くできません。

一人残った祖母をどうするかという話合いが29日にありました。
父母、父の妹、祖母の妹2人、私の6人が集まりました。

私は前々から父母に「おじいちゃんかおばあちゃん、どちらか一人になったら
一緒に住んで様子を見るよ。」と話していたのですが、父の妹から猛反対され
その話も無くなり、かといって、うちの両親が今すぐ大阪に来ることができる
のかといわれれば、それも無理。父の妹が一緒に住むわけもなく、しばらく
祖母は一人で生活することになりました。
金銭管理は父の妹に任せ、ペルパーさんが買い物に必要な分だけとりあえす
残してある状態です。
そこそこ広い一軒家に体の自由がきかない状態で一人で住むのは私だったら
怖くて嫌だなぁと思うのですが、祖母は北海道には行きたくない。とはっきり
言っているので連れて行くのは無理です。実家、バリヤフリーじゃないけど
凄くいいところなんだけどなぁ・・・。友人も知り合いも姉妹もいないのが嫌だそう
です。あと豪雪地帯で寒いのも嫌とのこと。あんた新潟出身ですがな!!

ちなみにどうして私が住むのを反対されたかというと、結婚しているので
相手のご両親は良く思わないから。だそうです。

うちの両親は定年までもう少しあるので介護休暇を取ってこちらに来るのは
OKなのですが、移り住むとなると北海道に家があるし、家の隣には母の
母がこれまた一人で暮らしております。祖母は元気で一人で介護も受けず
ある意味気力だけ「人の世話にはなれない。」で生活しているので、その気力が
いつまでもつかわからないですし、父は大阪を捨てた人wなので北海道から
離れる気は無いと思うんですよねぇ・・・。
実際私も食べていけるなら関西なんかからはさっさと抜け出して実家の周辺に
戻りたいですもの、それくらい羊蹄山麓、ニセコ方面の自然環境は素晴らしい。
近年、北海道で唯一地価が上がっていた場所ですしねぇ。小樽でもいいんだけど
小樽は平地が無いのでそこが無理です・・・。自転車乗り泣かせよねぇ。

父の妹はお嫁さんに行った人だし、長男の嫁です。家も堺市の方にあるので
祖母と一緒に暮らすことはできません。

祖母の妹2人もそれぞれ家庭がありますからこれまた一緒に暮らすのは無理です。

かと言って施設に入れてとかも父の妹の反対でできません。
「家があるんやから。」だそうです。一人で管理できない家に住み続けるのってどうなの?


とりあえず祖父の50日祭(49日にあたるもの)まで一人でどこまでできるか様子をみて
ダメだったらまた対策を考えるということで話し合いはまとまりました。
[PR]
by arinosu-tanken | 2012-03-07 07:19 | life | Comments(0)
<< 明日は 人の死とはあっけないもの3 >>