人の死とはあっけないもの2

昨日で告別式も終わりとりあえず見送りは完了しました。
私も疲れたけど、夫はもっと疲れていて申し訳ないです。
知らない人の中に入って気を使って大変だったと思います。
両親はまだまだ手続きとか遺品整理でバタバタしていて
今日、母と電話で話た時、声が小さすぎて何言っているか
わかりませんでした・・・。相当やられてます。

25日お通夜、26日告別式について書いていきます。

25日、15時に納棺ということだったので13時半に家をでる。
14時10分位に西中島南方駅に到着。しまった早すぎた。
前の方におじさん(父の妹の夫)が歩いているのを発見
斎場まで一緒に歩いていく。
斎場に到着。14時15分くらい。やはりまだ誰も来ていない。
取りあえずおじいちゃんの顔をもう一度見てみる。
昨日(24日)とうって変わって、肌の色が赤紫色がかっていた。
昨日は本当に寝ているように見えたけど今日は明らかに遺体である。

15時前ギリギリになっておばあちゃんやうちの両親が到着。

しかし、納棺の様子は見せてもらえませんでした。
納棺担当の人が父に「腐敗が進んでいるのと検死の時に開いた傷口から
大量の血液が出ていて、親族の方には見せられる状態ではないので
納棺室の外でお待ちいただけないでしょうか?」とのこと。
父は「僕は仕事でそういうの慣れているので大丈夫です。」と言ったものの
結局見せてもらえず納棺が終わって対面したのが16時。
顔にどうらんがべったり塗られていてなんだかなぁ・・・父も母も同じことを
言ってました。別に塗らなくていいよねと。
納棺の様子を見られないなら来なくてよかったんじゃね?
と思ったのは私だけでしょうか・・・。

18時からお通夜。弟はまだ来ない。あいつはいったい何時の飛行機に乗ったんだ?
猫2匹はどうするんだろうか???

お通夜開。弟はまだ来ない。お通夜自体は30分程で終了。
父が喪主のあいさつの時泣きすぎてかなりやばかった。なかなか男親の泣く
姿って普段見られないから不思議な感じがしました。

会食の時にようやく弟到着。アリスオオヤマの猫用キャリーケースを二個かかえ
到着。恰好が学生かよっ!!というくらいラフな恰好で目立ちまくり。
取りあえず黒いスーツに着替えさせる。きちんとした靴をもってきてなくて
なんだかごついショートブーツとスーツで登場。おしゃれだけど違うだろっw
ネクタイまで忘れていた。おいおい・・・。

会食で出されたオードブルが微妙すぎて泣けてきた。
変に凝っているのよりから揚げとか揚げ春巻きとか焼売とか寿司とかポテトサラダ
とかシンプルな惣菜をたくさん詰め込んだものの方が正直おいしいと思うんだけど。
そういうのではダメなのかしら???
20年前のじいちゃん(母の父)のお通夜はそういった料理で、子供ながら美味しくて
楽しくて悲しい思い出は全然なかったなぁ。なんかすごくわくわくしていた。

20時くらいにみんな帰る。
私と両親と父の妹夫妻が残っておじいちゃんの思い出を色々話していた。
21時半くらいに父の妹夫妻帰る。
私と両親は斎場の控室に宿泊。洗面所とお風呂がついていて修学旅行で泊まる
ような旅館ぽい作りの部屋でした。

23時就寝。
しか~し、暑くて寝苦しくて変な汗を大量にかいて、目を覚ましたのが深夜2時。
もう怖くて怖くて泣きたくなった。別におじいちゃんが化けて出るとかそういうの
ではなくて、斎場自体に泊まるというのがなんだか不気味で気持ち悪いというか
なんか出たらどうしよう・・・。と3時過ぎに父も目が覚めたらしく、そのすぐあとに
母も目が覚めたようで3人で寝られないねぇと会話。
そのまま寝ることなく布団に入った状態で話をしつづける。完全な寝不足。

26日6時起床。
とりあえずシャワーを浴びて喪服に着替える。
おなかが空いたけど食べ物はない。一応斎場が用意してくれた菓子パンがあった
けど、ジャムパンとかクリームパンとかあまり好きじゃないので手を付けなかった。
[PR]
by arinosu-tanken | 2012-02-27 21:12 | 自己紹介 | Comments(0)
<< 人の死とはあっけないもの3 人の死とはあっけないもの >>