調べてみた

今回の地震の事(体験記のようなもの)を書いているブログを検索して
色々読んでいたらとても気になる記事をいくつか発見しました。

そのブログに共通するのは日付が2011年3月9日(水)というもの。
内容は「今日の地震結構大きかった。」「でも大丈夫でした。」
といったものでした。

ちなみにその地震があったのは
2011年3月9日(水)11時45分三陸沖 M7.2 震度5弱
でブログを書いていた人の大半は東北にお住まいの方でした。

実は
そこから30数回三陸沖を震源とする小規模な地震が起きてます。
気象庁と日本気象協会のHPで調べられます。
その断続的な流れの中で
2011年3月11日(金)14時46分 三陸沖 M9.0 震度7
の地震が起きています。

もし、3月9日(水)-3月11日(金)←断続的に小地震が起きている時期
に気象庁が何らかの形で三陸沖沿岸地域にお住まいの方に注意喚起を
していたらもっと違う結果が待っていたのではないかと・・・。
今さら言ってもしかたのない事ですが。

日本は地震大国で、国民の小さな地震には慣れっこになってしまい
地震が起きるたびに気象庁のHPで経過を調べる人は少ないと思います。
ケータイ電話のニュース欄やdデータのちょっとした欄でいいから
「東北地方にお住まいの方へ ここ2、3日小規模な地震が断続的に発生しております。
さらに大きな地震がくる可能性も考えられますので注意してください。」
といった情報を流してもらえたらもっと助かる命があったかもしれません。

でもケータイのニュース欄やdモードはお年寄りの方は使いこなしている人
多くないでしょうし、やっぱり情報弱者は助かる確率が低くなるのかなぁ。
[PR]
by arinosu-tanken | 2011-03-14 12:25 | life | Comments(0)
<< I LIKE WBS VAT-DANCE >>