クイズ伸助くん

という関西ローカルの番組があります。毎週月曜日の深夜に放送されてます。
今週の伸助くんを観ていたら幻の沖縄そばを出しているお店が紹介されてました。
沖縄そば、ソーキが入っていればソーキそば、南の島の郷土料理として
有名ですね。沖縄の食材を扱うお店ではよくパックされたおきなわそばを
見かけます。でもそれらは結構いいお値段がするんですよねぇ。
伸助くんを観てむしょうに沖縄そばが食べたくなり、とりあえずネットで作り方を検索。
結構簡単な事(スープから作ったら大変ですけど。)が判明し朝から強力粉を
練って生地を作って寝かせておきました。
e0161855_15364063.jpg


材料・分量(4~5人前)

***麺編***

強力粉:500g
水:200cc~250cc
卵:1個
重曹:小さじ1
塩:小さじ1
重曹と塩を水によく溶かしてから使います。
とにかく混ぜて混ぜてよくこねまくりです。
まとまったらラップをして常温で2時間位寝かせておく。


その間に買い物に行って
青ネギ
紅ショウガ千切りタイプ
スペアリブ
泡盛(一番安いの)を調達。

***なんちゃってソーキ編***

水をはった鍋にスペアリブを入れて沸騰するまで煮ます。
灰汁が出てきたらすくってすてます。
いったん火から下ろして茹で汁を別の鍋に移します。
もう一度水を入れて(肉が丁度隠れる程度でok)

砂糖:甘めにするため大さじ3以上
泡盛:好きなだけ(水分が増えすぎはNGですけど)
醤油:砂糖と同じ分量
を投入し、できれば圧力鍋で最低30分以上は加圧。

***スープ***

本場のスープは豚骨ベースでカツオ出汁を足している模様。
でも家で本格的な豚骨スープを作るのは難しいので

ソーキを茹でた時に出た茹で汁:適量(1人分250cc~300cc)
顆粒のカツオ出汁:1袋~2袋(カツオ強めが好きな人は多めで!)
ウエイパー:大さじ1~(塩分が沢山入っているので好みで調整)

***注意点***

麺は茹でると2×2倍に膨らみます。今回一番ビビったのは麺の膨張率。
2ミリ位の幅で切っていって4ミリ位になります。
最初知らなくて、4ミリ幅で麺を切ったため、第一弾の麺は8ミリ位の
讃岐うどんばりの太さに茹であがってしまいました・・・。
沖縄そばはツルツル、しこしこ感が全くなくバキバキボソボソ感が
とても高い麺なので、切るときは超極細にきることをお勧めします。
茹でるときはお湯に塩を足して茹でたり、茹であがったらざるにあげて
油をからませて冷ます等、スパゲッティに扱いが似ている感じです。
そばという名前は付いていますがそば粉は一切入ってません。


どうしてこんな時間ばかりかかる事をしているかというと
昨日から3連休でして、それなりに時間もあるもので。
でも昨日は店に書類をしに行ったので半日は仕事してましたけど・・・。
明日はサンマを持っておばあちゃんの家に様子を見にいってこようと思います。
[PR]
by arinosu-tanken | 2009-09-09 16:07 | food | Comments(0)
<< 杏仁豆腐 肉まんの季節ですねぇ。 >>